正しいニキビケア方法 ニキビに良い事・悪い事

古い化粧品がニキビや肌荒れの原因に?化粧品の使用期限を守ろう!

 

こんにちは^^

 

 

今日は化粧品の使用期限についてお話をしようと思います。

 

 

普段何気なく使っている化粧品やニキビケア用品ですが、実は使用期限ってものが存在していたんです。

 

 

 

 

 

 

本気のニキビ&ニキビ跡ケア ランキング!

管理人が本気で厳選したニキビ&ニキビ跡ケア商品とは?

check!!

 

 

 

 

化粧品にも使用期限がある!使用期限切れのものを使うとニキビが出来る?

 

 

 

 

 

 

天気の良い日に外に出かける時、ニキビやニキビ跡がある方が気にされるのが、お肌の紫外線ダメージだと思います。

 

 

 

紫外線のニキビへの今こそ日焼け止めなどで紫外線対策を取っておかないと、ニキビやニキビ跡の炎症が余計に目立つようにもなってしまいます><

 

 

と、ここで、

 

 

「あ~また紫外線を気にせなあかん季節がきたか~。日焼け止め買いに行かなあかんなー。

 

ん、まてよ…そういえば、確か去年の日焼け止めが残ってたはずや!これ、もったいなし使っとくか!」

 

 

 

なんてことしている方も意外と多いんですが、

 

 

 

↑これ、

 

ニキビや肌荒れを悪化させる原因になりますので、絶対にやらないで下さい!!

 

 

 

 

そもそも、日焼け止めや化粧水、美容液などの化粧品には、食べ物のように消費期限があるってご存知でしたか??

 

 

食べ物の場合、消費期限を過ぎると腐っていきますよね。

 

消費期限って

 

その日までに食べてください。

それ以降の日に召し上がる分に関しては保証はしませんぜ。

 

 

ってことなんですが、

 

 

この消費期限、実は化粧品にも同じことが言えるんです。

 

 

消費期限を過ぎてしまった化粧品は酸化を起こしてしまい、バクテリアや黄色ブドウ球菌などといったニキビを悪化させるような細菌が繁殖し始めます。

 

 

気が付けば化粧品の中は細菌だらけ…
オエッ…

 

 

そんな細菌が繁殖しまくったものをお肌につけてしまったら、毛穴の中に細菌が入りこんで、肌荒れ・ニキビなんて簡単に引き起こされてしまいます><;

 

 

それだけでもかなりつらい状態なんですが、さらにそこにかぶれや痒みを伴うこともあるので、お肌が悲惨な状態にならない為にも、化粧品の消費期限は必ず守って頂きたいんです。

 

 

 

しかし、化粧品のパッケージや容器のどこを見ても「消費期限」「使用期限」なんてものは書いていませんよね。

 

 

「使用期限を守らないと細菌が繁殖して、肌荒れを起こしてしまうっていうのに、なんで書いておかないんだ!?」

 

 

こうした怒りの声が聞こえてくると思いますが、

 

 

なぜ使用期限が書いてないのかと言いいますと、日本の法律で、

 

 

「製造又は輸入後3年を超えて、性状及び品質が安定なものは使用期限の表示を行わなくても差し支えない」

 

と定められているからです。

 

 

これ簡単に言えば、

 

 

「製造した後、3年以上経っても異常なく使える保証があれば、別に製造日とか使用期限なんて書かなくてもOKなんだよ~」

 

 

ってことなんですね。

 

 

これだけ見ると、

 

 

「えっ!?じゃあ製造日とか書いてない化粧品は、極端に言えば3年かけて使っていっても、問題ないってこと?」

 

 

って思いがちですが、

 

 

この法律で定められているのは、あくまで「未開封」の状態のことです。

 

 

 

製造日や使用期限が書いてない化粧品で、なおかつ未開封のものならば3年(かそれ以上)は異状なく使える(はず)。

 

 


「あっ、これ3年前に買った化粧品やん!そういや開けてなかったな~。もったいないし使ってしまえ!」

 

 

ってことは一応できます。

 

 

一応できるんですが、

 

 

そもそもそんなこと滅多にないですし、あったとしても使わない方が良いかな、とぼくは思います^^;

 

 

3年間眠っていた化粧品の中がどうなっているかなんて、ぼくたち一般の人には調べる術もないですし、念のため捨てた方が無難です★

 

 

使ってしまって、万が一、ニキビが増殖してしまったら最悪ですもんね^^;

 

 

まぁこのように未開封ならばかなり日持ちすることが保証されているんですが…

 

 

問題なのは開封後です。

 

 

化粧品の酸化が始まるのは、まさに開封した瞬間からなので、開封後は確実に3年ももちません^^;

 

 


「じゃあ開封後はどれくらいで使い切ったら良いのか?」

 

 

 

化粧品の種類(洗顔料・化粧水・美容液など)や商品によって使用期限が違ってきますので、一概に期限は決められないんですが…

 

 

 

ぼくが、ニキビケア・ニキビ跡ケアで良く使う化粧品の使用期限(目安ですが)を↓に書き出していこうと思いますので、よかったら参考になさってください^^

 

 

 

 

未開封の場合

 

 

 

先ほども言いましたが、まず、未開封の状態ですと、ほぼ空気に触れることがありませんので、酸化もしにくく、どの化粧品も一律で、「製造日より3年(以上)」は持つと言われています。

 

 

 

 

 

開封した場合

 

 

 

問題はここからです!

 

 

「開封してしまった場合、どの種類の化粧品がどれくらい日持ちするのか?」

 

 

これが気になるところですよね!!

 

 

種類別に書いていきますが、

 

 

「げっ。もしかしたら、使用期限切れてるかも…」

 

 

と、ドキッとされて、なおかつ肌荒れ・ニキビがなかなか治らない方は、それが原因の可能性大なので、すぐに新しいものを購入した良いかと思います★

 


それではご覧ください!

 

 

 

 

洗顔料の使用期限

 

 

 

洗顔と言えばニキビケアの基本ですよね!

 

正しい洗顔をすることがニキビ治療の第一歩となりますし、欠かせない項目だと思います。

 

 

皆さんがお使いの洗顔料にも必ず使用期限があるので、その目安を書いていきたいと思います。

 

 

 

 


固形の洗顔石鹸

 

 

ニキビケアをされている方の中でも、固形石鹸を使用されている方は多いと思います。

 

 

固形の洗顔石鹸の場合、開封しても3年は持つと言われていますが、ニキビケアで使用する石鹸は刺激の少ない「無添加」なものが多いですよね。

 

 

無添加な洗顔石鹸ですと、防腐剤などが使われていないことも多いので、「早めに使い切る。」これに限ります。

 

 

(ただ、無添加なものには使用期限なんかが書いてあることも多いのでチェックしてみて下さい)

 

 

 

普通の洗顔石鹸で「3年」

 

無添加なものだと「早めに使う」

 

 

 

ですね!

 

毎日普通に使用する分には全く問題はありませんので、安心してください^^

 

 

 

 

 

洗顔フォーム

 

 

 

 

普通の洗顔フォームの場合、開封後は1年以内に使い切りましょう!

 

 

洗顔フォームは防腐剤などの添加物が入っているものがほとんどですので、開封後でも長期間使えるように設計されています。

 

 

ただし、無添加なものの場合は、石鹸と同じく「なるべく早く」でお願いします★

 

 

 

 

 

保湿剤の使用期限

 

 

 

 

化粧水

 

肌に潤いを与える化粧水ですが、液体なだけに雑菌も繁殖しやすくなっています。

 

開封後、約6か月以内で使い切るのが鉄則ですが、ぼく個人としては3か月以内を推奨します。

 

無添加なものの場合は、冷蔵庫で保存し、1ヶ月以内に使い切って下さい!

 

 

 

 

 

乳液・クリーム・保湿剤

 

開封後から約6か月以内が使用期限だと言われています。

 

 

化粧水や美容液なんかは肌の内部まで浸透させるものですし、それが古くなって雑菌だらけの状態だと…

 

 

肌内部まで雑菌が入りこんでしまうので、モロにダメージをくらってしまうんですよね^^;

 

 

それだけに、これらのアイテムの使用期限は特に守って頂きたいと思います。

 

 

使用期限が6か月だとしても、これらのアイテムに関しては、ぼくはワンシーズン(3か月)を目安に使い切るのが1番無難だと思っています。

 

 

 

 

メイク用品の使用期限

 

 

 

 

リキッドファンデーション

 

リキッドタイプは水分量が多く、菌の繁殖も早いので、長々と同じものを使い続けるのはかなり危険です!!

 

 

リキッドファンデーションの使用期限は2ヵ月

 

 

ただ、2か月で使い切れない場合もあると思います。

 

 

その時は…

 

ごめんなさい、捨てて下さい(><;)!

 

 

 

ニキビ肌を悪化させたくないのならば、やはり使い切れなくても捨てるのが1番だと思います。

 

 

ただ、リキッドファンデーションも使い方次第では少しだけ長持ちさせることが出来ます。

 

 

指でファンデーションを取ると、手についてる雑菌がファンデーションにうつりますので、小さなヘラやスプーンなどで取ると、菌もうつらず、なるべくキレイな状態で使用し続けることが出来ます。

 

 

だからと言って菌が繁殖しないわけではないので、そういった使い方をしても3か月以内には使い切ってしまいましょう!

 

 

 

 

パウダーファンデーション

 

リキッドタイプに比べると、水分が少ない分、パウダーファンデーションの方が長持ちします。

 

開封後は約6か月以内に使い切りましょう!

 

 

 

 

日焼け止め・UVケアの使用期限

 

 

 

これからの季節、大活躍する日焼け止めさんですが、使用期限は6か月以内です。

 

 

なので、今年の9月まで日焼け止めを使っていたけど、余ってしまったから、来年の4月にまた同じものを使う。

 

 

↑こうしたことは、やってはいけなんですね^^;

 

 

もったいないので、一昔前までぼくも良くやっていましたが、実はお肌にとってこれは大のつく程のNG!

 

 

肌荒れがますますひどくなる可能性が高いので、別の日焼け止めを購入してください★

 

 

 

 

 

 

ニキビや肌荒れを招かない!化粧品の上手な保存方法とは?

 

 

 

保存方法によっては使用期限を縮めてしまうこともあるので、保存の仕方にも注意が必要です!

 

 

パッケージなどに書いてあると思いますが、基本的に化粧品の保存は

 

冷暗所

(直射日光のあたらない、すずしくて、暗いところ)

 

で行ってください。

 

 

ただし、無添加なものならば、防腐剤などが入っていないこともありますので、冷蔵庫の方が良いでしょう。

 

 

 

また、空気に触れなければ酸化は起こらないので、化粧品のフタはキチっと閉めることも意識してみてください。

 

 

蓋をあけて、必要量出したら即閉める!

 

これだけでもずいぶん違うので、今まで気にしていなかった方も、これからは保存方法を少しだけ意識してみて下さいね^^

 

 

 

 

最後に…

 

 

 

 

小さい頃、米粒をお茶椀に1粒でも残すと

 

「もったいないやろ!ちゃんと食べなさい!」

 

と親に怒られたものです。

 

 

ぼくのように「もったいない」の精神を教えられてきた方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、

 

 

この化粧品の使用期限問題に直面した時だけは

 

 

「まだ残ってるのに、もったいない!!…でもお肌の為にも、ニキビの為にも捨てるんじゃ~!」

 

 

と、捨てる勇気も持って頂きたいです★

 

 

 

「もったいない…でもまだ残ってるし、節約したいし…いけるだろ!使っちゃえ!」

翌日、ニキビが増えている…!!

 

 

なんてことは珍しくないことなので、それぞれの使用期限を必ず守って、使用期限切れのものは即捨てるようにして頂きたいと思います!!

 

 

ニキビが治らない原因はまさに今使っている化粧品にあるのかもしれません!

 

 

是非1度、購入した日なんかを思い出しながらチェックしてみて下さいね^^

 

 

それではまた!

 

 

 

 

スキンケアの見直しだけでもニキビとニキビ跡は治る!

 

【2020年最新!】

 

 

管理人がオススメする最強ニキビ&ニキビ跡ケアをご紹介!

 

 

思春期ニキビ(10代のニキビ)、大人ニキビ(20代以降のニキビ)、どちらにオススメかも書いていますので、是非参考になさってください^^

 

 

本気のニキビ&ニキビ跡ケア ランキング!

管理人が本気で厳選したニキビ&ニキビ跡ケア商品とは?

check!!

 

 

 

-正しいニキビケア方法, ニキビに良い事・悪い事

Copyright© NIKIBI TOWN -ニキビタウン- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.